ダイレクト出版の【月刊ビジネス選書】のメリットをまとめました

月刊ビジネス選書
スポンサーリンク

 

ダイレクト出版のサービスに【月刊ビジネス選書】があります。

これは毎月1冊、ダイレクト出版が厳選した洋書を届けるサービスです。ダイレクト出版の本は原則他では買えません。ダイレクト出版でのみ購入可能です。

つまり、【月刊ビジネス選書】の会員であれば、最新のおススメの本を手にすることができるということが言えるんですね。

会員になると無料で電子書籍アプリも利用できるサービスもありますよ♪

ここでは、【月刊ビジネス選書】の会員になるメリットを中心にお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

 ダイレクト出版【月刊ビジネス選書】の会員になる3つのメリット

 


ダイレクト出版の月刊ビジネス選書の会員になるメリットは、以下の3つです。

  • 誰よりも早く読める
  • 電子書籍で読み放題
  • 返品保証がある

では、説明しましょう。

 

誰よりも早く読める

月刊ビジネス選書のサービスでは、新刊本を会員さんに優先的に送ってくれます。

つまり、一般販売されるのはその後になるか、もしくは、その本を読めるのは会員限定か、ということ。

これは、毎月の流れから私が感じたことです。どちらにしても、私は有益だと思いますよ。

まず、誰よりも早く読むことで、本のレビューを書くことができますよね?

もし、その後に一般販売されれば、あなたのレビューを参考に購入される方も勿論いるわけで、内容次第でアフィリエイト報酬を得ることもできます。まだ、競合が少ないうちにできるのですから、これはチャンスです。

そして、もし仮にその一冊が一般販売されないのなら、その情報は一般には出回らないものとなります。限られた情報をあなたが持つことになるのです。それを活かす行動を取ればそれもまたチャンスになります。

 

電子書籍で読み放題

これはぜひとも使いこなしていただきたい、というのが私の提案です。

私はダイレクト出版の本を読むためだけにでも、専用タブレットを購入したいくらい(笑)

電子書籍については前に記事にしていますので、こちらをご参照ください。

 

 

簡単に伝えるなら、スキマ時間に手軽に、結構読めてしまうということ。

紙の本と電子書籍を両方使えるわけですから、使い方を工夫すればあなたの知識吸収量はグンと増えます。

 

返品保証がある

月刊ビジネス選書のデメリットは、自分で本を選べないということです。ですから、「この本は必要ないや~」というのも出てきてしまいます。

その時は返品保証を使いましょう。

簡単な手続きをすれば、月割代金2,682円が返金されます。

ダイレクト出版の返金対応は素晴らしいですよ。

何も言われることもないし、本の返送が不要なのです。

ただし、良心的に使ってくださいね。

 

 

神田昌典さんの成功の秘密を知っていますか?

神田昌典さんをあなたはご存知でしょう。

ダイレクト出版の小川さんも、神田昌典さんの本【あなたの会社が90日で儲かる!】でダイレクトマーケティングを知ったと言っています。

神田さんは米国家電メーカーの日本での代表をしていました。

その日本の会社はつぶれかけていてもう崖っぷち状態だった時、神田さんはアメリカのダイレクト・レスポンス・マーケティングに出会ったそうです。

そのダイレクト・レスポンス・マーケティングというアメリカの手法を事業に取り入れ、事業を回復させることができた!という話を神田さんの著書で読んだことがあります。

 

 

アメリカの成功事例は数年遅れで日本に入ってくるのが常です。

Facebookもそう。Youtubeもそうですよね?

アメリカの動向を視野に入れておくと、あなたのビジネスを考える上でプラスに働きます。

 

でも、どうやればいいの?英語はできないし・・・の問題が出てくるんですよね。

 

それを解消してくるのが【月刊ビジネス選書】だと思うんですよ。

 

小川さんを始め、ダイレクト出版の目は常にアメリカに向いていて、アメリカの情報を販売していますよね。

ダン・ケネディの商品はその代表例だと思います。

最近では、リッチ・シェフレン、エベン・べーガンの情報も販売しています。

月刊ビジネス選書も同じ視点でのサービス提供と捉えていいのではないでしょうか。

アメリカの情報を知っているのと知らないのでは、あなたのビジネスに与える影響は大きく異なってくる。上手に日本で取り入れれば、大きな効果を望むことも期待できますよね。

しかも、スマホに電子書籍アプリをインストールしておけば、いつもそばに最新情報を引き出せることもできます。

積読状態になってしまう・・・と心配する方もいるかと思いますが、丁寧に読むだけが読書ではなくて、

サーっと必要なアイディアを拾う読み方をする、というだけでも、得るものは多いと思います。

海外の情報を知るのに月2,682円をどう捉えるかはあなた次第。

毎月ボリュームのある本が届くので、必然的に毎月アメリカの情報のシャワーを浴びていることになり、アメリカの環境にいる感覚が普通になってきます。あなたの成功のきっかけになるでしょう。

毎月どんな本が届くのか楽しみになりますよ。

※月刊ビジネス選書の年間購読料は29,800円(税抜)です。

 

 

まとめ

  • ダイレクト出版【月間ビジネス選書】の会員になることで得られる3つのメリットについて
  • 神田昌典さんが崖っぷちの状態から復活した秘密について
  • 【月間ビジネス選書】は海外の情報を把握するとても便利なツールとなること

これらについてまとめました。

参考にしていただけたら幸いです。


月刊ビジネス選書
スポンサーリンク
kumafieldをフォローする
スポンサーリンク
ダイレクト出版に魅せられて